ウェディングケーキ

おもしろい演出で盛り上がる!ファーストバイトの変わり種アイデア

ファーストバイト1

※こちらは2018年10月29日の記事に追記・再編集したものです。

ケーキ入刀の後に行うファーストバイト。結婚式の中では定番で人気の演出です。

新郎新婦が行う儀式ではありますが、ゲストにも楽しんでもらえるとさらに盛り上がりますよね。

「普通じゃつまらない!」「自分たちらしさを出したい!」という新郎新婦におすすめの、ちょっと変わったファーストバイトの楽しいアイデアをご紹介します。

和装のファーストバイトには寿司ケーキがぴったり!

ファーストバイト2

和装でファーストバイトを行う場合、ケーキでももちろんいいのですが、より日本らしさを味わいたいなら寿司ケーキを用意してみるのはいかがでしょうか?

サーモン、いくら、卵、いんげんなどのカラフルなトッピングをほどこした寿司ケーキは、立派なウエディングケーキにも引けを取らない華やかさを演出することができます。

和装の新郎新婦にぴったりの演出ですね。

また、寿司ケーキならそのままゲストに配れば食事として楽しむこともできます。

スイーツは別で提供するようにすれば、食事もデザートもどちらも楽しんでもらうことができますよ。

スコップや釣り竿などの変わり種アイテムでファーストバイト!?

ファーストバイト3

スプーンやフォークでケーキを食べさせるのではなく、ちょっと変わったアイテムを使うのもおすすめ。

たとえば、しゃもじを使って新郎にケーキを食べさせる演出。しゃもじは広島の名産物なので、広島で結婚式を挙げるカップルにも人気です。

また、新郎に大きな一口を食べさせたいということで、大きなスコップ使うカップルも。カラフルで可愛らしいスコップを選べば、写真映えもバッチリですね。

また、釣りが趣味の新郎に、釣り竿でケーキを食べさせるというおもしろい演出も!

新郎新婦の個性を生かした一風変わった演出に、ゲストも大喜び間違いなしですね。

新郎新婦が息を合わせて同時バイト

普通のファーストバイトは、新郎新婦が順番にケーキを食べさせ合いますが、二人が同時に食べさせ合う「同時バイト」はいかがでしょうか?

相手にケーキを差し出すのと自分が食べるのを、二人の息を合わせて同時に行うというのはなかなか難しいですが、その分見ているゲストも楽しめます。

おすすめは、このときにゲストに「せ~の」や「あ~ん」などのかけ声をお願いすること。

タイミングを合わせるため、ゲストにもかけ声で参加してもらうことで一体感が生まれ、会場全体で盛り上がります。

最近増えてきている、カップケーキやシュークリームなどを使ったウエディングケーキにもぴったりの演出です。

誕生日のゲストへバースデーバイト

ゲストの中に結婚式の当日や近い日にちが誕生日という人がいるときは、バースデーバイトの演出もおすすめです。

サプライズで誕生日ゲストにスポットを当てて、新郎や新婦からケーキを食べさせてあげちゃいましょう。

新郎新婦の幸せのおすそ分けとなるウエディングケーキをバースデーケーキに見立てる演出は素敵ですよね。

誕生日ゲストにとっては、その場にいるみんなから祝福されて思い出に残る誕生日になるのではないでしょうか。

また、みんなの前に出るのは恥ずかしいというゲストには、ウエディングケーキやデザートを出すときに、お皿に「Happy birthday」などの文字をかいてもらうアイデアも。

ちょっとした心遣いでゲストに喜んでもらえたらうれしいですよね。

お世話になったゲストへサンクスバイト

ファーストバイト4

新郎新婦がお互いに一生食べ物に困らない暮らしを、また一生おいしい食事を、という約束のために交わすファーストバイト。

そんなファーストバイトですが、新郎新婦だけでなくゲストを巻き込んだ演出も考えてみましょう。

中でもおすすめなのがサンクスバイトです。

サンクスバイトとは、お世話になった人に感謝の意味を込めて、新郎新婦がケーキを食べさせるという演出です。

サプライズでゲストを指名すれば、指名されたゲストも驚きつつも喜んでケーキを食べてくれることでしょう。

サンクスバイトは、今までおいしいごはんを作ってくれた母親にすることが多いようです。

しかし、お世話になった人や二人の仲を取り持ってくれた人、二次会の場合は幹事をがんばってくれた人などにサンクスバイトをするのもいいですね。

感謝を伝えたい相手を選んで、サンクスバイトをサプライズで演出してみましょう!

ウエディングケーキどうやって決める?ケーキデザインの選び方のヒント

ウエディングケーキイメージ1

結婚式の演出で定番のケーキカットとファーストバイト。そこでゲストの目を引くのはやはり華やかなウエディングケーキですよね。

でも、いざ準備を進めるとなると、デザイン選びに迷ってしまってなかなか決められないという花嫁さんも多いのではないでしょうか。

今回は、結婚式に欠かせないアイテムの一つ、ウエディングケーキのデザインの選び方のヒントをご紹介します。

ウエディングケーキの形で決める

ウエディングケーキイメージ2

まずは、ケーキの土台となる形から選んでみてはいかがでしょうか?

ウエディングケーキの形には、以下のようなタイプがあります。

・スクエア型(四角型)
・ホール型(丸型)
・ハート型
・タワー型

シンプルに仕上がるスクエア型にするのか、柔らかいイメージのホール型がいいかなど、ケーキ全体のフォルムで考えてみると分かりやすいですよ。

また、ケーキの段数の違いによっても違いが出てきます。

1段ならケーキの上に自由にデコレーションしやすくなりますし、2段、3弾と高さを出せば、ゲストも思わず写真を撮りたくなる出来栄えに。

まずは形のタイプから考えることで、ウエディングケーキの大まかなイメージが見えてくるはずです。

ウエディングケーキの色やモチーフで決める

ウエディングケーキイメージ3

色やモチーフもウエディングケーキの重要な要素です。

例えば、新郎や新婦の衣装の色とケーキの色を合わせると写真映えも抜群。

白のウエディングドレスでケーキカットをするなら、あえてケーキも白ベースにして神聖な印象にするのも素敵ですね。

また、会場の雰囲気に合わせるのもおすすめです。

例えば、グリーン多めのナチュラルな装花で会場を飾るなら、ケーキのデコレーションもナチュラルに。

ケーキの周りにドライフラワーやハーブなどを飾りつけると雰囲気がまとまります。

和装で行う結婚式なら、和のモチーフをケーキの飾りにしたり、抹茶などの和風ケーキを選んだりするのもいいですね。

トレンドのウエディングケーキから選ぶ

見た目のおしゃれさを重視するという花嫁さんは、ケーキもトレンドのものにしてみてはいかがでしょうか?

最近注目のウエディングケーキのタイプをいくつかご紹介します。
 
 

ネイキッドケーキ

ネイキッドケーキ

ネイキッドケーキとは、生クリームでケーキの表面をすべて覆わずに、あえてスポンジをむき出しにしたケーキのこと。

シンプルだけど斬新なデコレーションは、ゲストの注目の的に。おしゃれな花嫁さんに人気のウエディングケーキです。

トレンドのガーデンウエディングとも相性抜群なので、ケーキの存在感が雰囲気をグッと盛り上げてくれること間違いなしです。
 
 
シュガーケーキ

シュガーケーキ

シュガーケーキは、通常のケーキのように生クリームではなく、砂糖をベースにしたペーストやアイシングでケーキをデコレーションしたもの。

固めのフルーツケーキの周りをシュガーペーストなどできれいに飾り付けたケーキで、会場も華やいだ雰囲気になりますよ。

通常の生クリームを使ったケーキでは難しい色や装飾も表現できるので、繊細なデザインも叶います。
 
 
カラードリップケーキ

カラードリップケーキとは、新郎新婦がゲストの目の前でウエディングケーキにソースをかけてケーキを完成させるという、演出も楽しめるウエディングケーキのこと。

ケーキカットと同様「初めての共同作業」として、見た目も楽しく演出としてのインパクトも大なカラードリップケーキを選ぶ新郎新婦はここ最近で増えてきています。

ソースをかける前と後でケーキの印象もガラッと変わり、まさにフォトジェニックな仕上がりになること間違いなしです。

 
 
ウエディングケーキは写真にも残るものですし、せっかくならこだわって決めたいですよね。

新郎新婦自身も満足、ゲストからも「素敵!」と思ってもらえるようなウエディングケーキを選んで、思い出に残る結婚式にしましょう!

迷ったらコレ!ウェディングケーキのトレンドをバッチリチェック!

ウェディングケーキ

結婚式でお披露目されてゲストの目を引くものの一つといえば、ウェディングケーキです。

ケーキ入刀の時には、参列者の写真にもしっかり写って残ります。

せっかくの、人生の晴れ舞台ですから、ウェディングケーキも二人にふさわしいケーキを選びたいものですが、ケーキの種類は様々なデザインがあるので、悩むところですよね。

そこで今回は、いったいどのようなデザインのケーキがあるのか、チェックしていきましょう。 続きを読む