衣装

迷っている方必見!和装結婚式の色打掛の選び方と似合うヘアスタイル

色打掛イメージ

結婚式での和婚の衣装といえば、白無垢、色打掛、引き振袖ですが、中でも特に華やかな色打掛が一番人気といわれています。

色打掛は赤や金、山吹色といった、洋服にはない色と柄のバリエーションの豊富さが魅力。

白いウェディングドレスと対照的で、お色直しに色打掛を選ぶ人も多いそうです。

一方で、色打掛を着たいけれど「何色を選ぶか」「どんな柄が似合うか」と迷う新婦も多いでしょう。

そこで、今回は色打掛の選び方とそれに合わせたヘアアレンジをご紹介します。

和装結婚式の色打掛はまず「色」から選ぶ

色打掛色

まずは自分の好きな色が入った色打掛を選んでみることをおすすめします。

色が入ったものでも、染め物や刺しゅう物、織物といった生地の質感などの違いで全く異なる印象になります。

色打掛は「ちょっと派手すぎるかな…」と思うものが多いですが、着てみると意外とすんなりとなじむものも多いです。

なので、とにかく気になったものを試着してみることがまず大事です。

それでも色選びが不安な人は、個人個人に合った色を見つけるパーソナルカラー診断をしたり、式場の衣装担当者や着物のプロに意見を求めて一緒に選んでもらったりすると良いでしょう。

ちなみに人気があるのは、赤、黒、緑、青などの定番色です。

似合う「柄」は身長で違う!色打掛の柄の選び方

色打掛柄

色ではなく気に入った柄で色打掛を選ぶというのもいいですね。

色打掛の柄は、牡丹などの花や鶴、亀、鳳凰といった「おめでたいもの」が多いです。

色で選ぶのが難しいという人は、自分の好きな柄から選んでみましょう。

ただし着物の柄は、肌の色や顔立ちよりも身長に似合うかどうかがポイントになってきます。

一般的に、背が高い人は大きな柄の着物、背が低い人は小さい柄の着物が似合う、とされていますが、これはもちろん柄の形や並びなどにもよります。

(ここで言う背が高い人は165cm~程度、背が低い人は~156cm程度をイメージしてください)

例えば、大きな柄でも柄の並びなどによって縦のラインを強調できるものなら、背が低い人もすらっとした印象に見せてくれます。

また、背が低い人は着物の地の色が多く見えるものが似合うともいわれますが、大きい柄のものが着たいという場合は、柄と柄の間が程よく空いているものを探してみましょう。

では、平均的な身長(156~165cm程度)の人はどうすれば良いでしょうか?

それは「自分をどう見せたいか」によって、なりたいイメージに合わせて選ぶのがおすすめです。

かわいらしく見せたければ柄の小さいもので、色もパステルカラーの色打掛を、クールに大人っぽく見せたければ、大きな柄でシックな色合いの色打掛を選ぶといいでしょう。

このように、色や柄で全体の印象はかなり違って見えるので、まずは気になったものをどんどん試着して、自分の理想のイメージに合うものを探してみましょう。

洋風のヘアアレンジも素敵!色打掛は髪型で個性を演出

ヘアアレンジ

色打掛で結婚式を挙げる場合、「文金高島田」などのかつらをつけるような和髪でなければいけない、と思っている人もいるようですが、実はそんなことはありません。

最近は、華やかな洋髪のアップスタイルと色打掛を組み合わせることも珍しくなくなってきました。

洋髪でも和風の花を飾ったり、かんざしを挿して仕上げたりと、思い思いのヘアスタイルを色打掛に合わせている人も多いようです。

ただし、洋髪の場合に気を付けたいのが、「角隠し」は付けないという点です。

角隠しの場合は、基本的に和髪でなければいけないということを覚えておいてください。

また、「綿帽子」は白無垢と合わせるのがルールです。

それから、ヘアアクセサリーやつける際には、色打掛の色とのコーディネートを考慮しましょう。

お気に入りのヘアアクセサリーを持ち込みたい場合や、着付けとヘアメイクの担当者が別という場合は、事前に相談するのがおすすめです。
 
 
 
色打掛での結婚式は、ひときわ華やかで特別な時間を演出できます。

自分のお気に入りの色打掛を見つけて、準備万端で当日を迎えられるようにしましょう!

一生の思い出に残る結婚式や披露宴!やり残したことはある?

落ち込む彼女

結婚式や披露宴は一生の思い出に残るだけに、結婚するカップルが主体になって積極的に進めていくことが大切です。

どのような形にするのかがポイントになりますが、いろいろなスタイルがあるので迷いますよね。

時代の流れや友人・知人の影響を受けることもあるのではないでしょうか。

また、予算を意識する必要があるだけに、思い通りにできなくて歯がゆい思いをすることもあるかもしれませんね。

そこで、結婚式や披露宴でやり残して後悔していることがあるかについて、20~40代の既婚女性100人に聞いてみました。 続きを読む

和婚の着物、どう選ぶ?

結婚式で着物を着る花嫁さんも多いことでしょう。

着物でしか出せない上品さ、華やかさ、そして日本人らしさ。

着物の持つ普遍的な魅力と、花嫁さんの持つ世界でひとつだけの個性とをベストなかたちで融合させることで、一生に一度の晴れの日を演出します。 続きを読む

結婚式二次会ゲストの服装マナー

結婚式のセレモニーも終わり、次は二次会。

ややカジュアルな雰囲気であってもマナーは重要です。

折角のおめでたい場を盛り下げてしまわないように、常識をおさえておきたいものですよね。

今回は二次会の服装についてご存知の方もそうでない方も、一度チェックしておきましょう。 続きを読む

2016年の流行色「ローズクォーツ×セレニティ」を結婚式のテーマカラーに!

ローズクォーツとセレニティは2016年の流行色です。

淡いピンクとブルーのコンビカラーは、結婚式や披露宴のテーマカラーとして華やかで人気があります。

ペールトーンのためホワイトとも相性が抜群です。ここでは、結婚式や披露宴でのローズクォーツ×セレニティの使い方を紹介します。 続きを読む

結婚準備で男性が活躍できること

「結婚式は花嫁のためのものだから…」そう言って、結婚式の準備を任せっきりにしていませんか。

確かに式の準備というと衣装の打ち合わせなど、花嫁側が決めることが多いので女性は大忙し。

でも、そんな時に男性がそっとフォローしてあげられたら、男としての株が上がること間違いなしです。

続きを読む